今月のビデオ・ザ・ワールドから


1998年8月号

2.完熟姉妹 秋山香・秋山しおり
 「下着ナルシズムの女 Kurum」というタイトルで、シースルーが95/10頃にリリースされているので既にご覧になった方も多いでしょう。この2人は本当の姉妹だったとはちょっと意外でした。内容は単調なフェラ・本番でこれといった見所はありませんでした。局部露呈度に関しては一応挿入シーン等はしっかり拝めますが、なにしろモデル・内容ともにイマイチ。秋山姉妹ファン以外にはちょっと退屈かもしれませんね。
4.本番以上・無編集特別版 叶麗華
 若い頃の沢田亜矢子に似ている叶麗華ちゃんです。86−87年頃現役だった女優さんです。彼女は痩せている時はなかなか奇麗でいい女なのですが、太ってくると幼児体型になりロリに見えるという不思議な女の子でした。久々の流出は過去配巻のロングバージョンのようで、111分の長尺の割には結合部不見と内容はイマイチでファンとしては残念ですね。ちなみに当時叶麗華は星野麻由(こっちもまた可愛いんだな・裏ビデオ流出有)と同じプロダクションに所属していたそうです。
21.恥丘は丸い 小山美里
 特に美人というわけでなく、その辺にいそうな感じが変な興奮を誘います。体は中肉中背で標準体型といった所でしょうか。導入部のちょっとしたおしゃべりの後、服を脱いで男優に局部を弄られます。その後生尺しながら自分で局部に指を入れて弄ります。男優はデカチンで彼女がお口いっぱいに頬張っているのが映し出されます。生尺中もちょっとした会話で笑ったりしていて、気さくそうな女の子で雰囲気は良いです。さて本番は真性挿入ですが残念なことにゴム姦です。横から入れたりして出し入れは見えますが、ゴム付きなので減点ですね。最後は彼女の顔面上からお口付近に爆発!と思いきや、これがニセザーメンです。男優自身がチンポを握る手の横に偽精液を詰めた小袋が見えています。ニセという点でかなり減点ですが、彼女の気さくな雰囲気が良かったのでギリギリ合格点ですね。同内容のシースルーは「あ〜あ気持ちいい早く入れて〜 倉見咲子」というタイトルで97/3頃リリースされています。
30.LIP倶楽部 いっぱいイカせてください 近藤ちひろ
 無名女優起用の一本です。内容は椅子に座っている近藤ちひろをパンストの上から電気按摩器で刺激して、感じさせます。一通り感じると、男優が座った所へ彼女が手を使わずに口だけでチンポを咥え込んでの生尺です。そして、彼女が膝間付き、男が立位での生尺。次はベッドで横たわっての生尺からの口内発射で、お口に溜まったザーメンを彼女が両手を合わせた手の平の上に、ドロリと垂らします。カット変わって今度は彼女がパンツを脱ぎ、パンスト直穿きでバックポーズをとり、男優がパンスト上からクンニ。続いてパンスト破って直クンニ。パンスト破っただけでビラビラが突き出す、彼女のHマンコを広げてのクンニ。続く仰向けM字開脚クンニでは、彼女のマンコがアナルを含めてばっちり拝めます。そして、彼女の胸の上にまたがって生尺からファックするも、ニセ姦。最後は男優がチンポをしごく手に隠し持ったニセザーメン小袋を握り潰してフェイクの精液ドロリです。なお、同内容のシースルーが「Gal's シャワーVol,4 近藤ちひろ」というタイトルで出ています。
38.デカパイクィーン 東みずほ

 いやぁ生きていて良かった!クレジットでは「東みずほ」となっていますが、白石奈津子ちゃんの初流出ですね。表は「美肉愛奴剃毛倶楽部」(アートビデオ)、インディーズでは「精液行脚〜米国巡礼記」(エムズ)他出演多数。彼女はバイリンギャル(笑)で英語が話せます。しばらく渡米していたらしく、その時にアメリカンハードコアに出ていたそうです。それならばと私は彼女が出ているハードコアビデオをずっと探していたのですが、なかなか見つかりません。1本それらしい娘が出ているのを見つけたのですが、なんとなく雰囲気が違うようで未確認のままです。さて内容ですが、パイズリ(彼女、胸が大きいですから)ありーの、クンニありーの、生尺ありーので一応フルコース見れるようで、期待度大。生尺・生挿入かは判りませんが、是非そうであって欲しいですね。表ビデオでは、「中出しが好き」と言っていたので、この作品でも中出しを見たい所ですがそれはちょっと期待しすぎかもしれませんね。
総 評
 今月は文句無しで初流出の白石奈津子ちゃんの作品「38.デカパイクィーン 東みずほ」を選びました。彼女のムチムチボディ・巨乳で見せる生尺やファックに期待したいですね。彼女のガチンコ姦がゴム付きでないことを祈りつつ、ビデオ・ザ・ワールド今月号の一押しビデオに挙げて、今月はこれにておしまいです。